スピーキング(録音)機能使用について

Brains e-Learningの一部教材では、英語4技能対策、スピーキング対策として、例文を見本に学習者が自分の音声を録音、再生しスピーキングの練習を行うことができます。
音声録音をするためには、ブラウザのマイク録音機能を使用します。

推奨ブラウザ

下記ブラウザでの学習を推奨します。それ以外のブラウザでもスピーキング練習は可能ですが、動作不良時のサポートや設定のご案内はできません。

Mac、iPad、iPhone
Safari
Android
Google Chrome
Windows
【推奨】Google Chrome Microsoft Edge

※Internet Explorerではスピーキング練習はできません。

ブラウザごとの設定

ブラウザで音声録音をするために、マイクの使用を許可する必要があります。また、一度許可設定を保存することで、確認のメッセージを出さなくすることができます。

iPhone (Safari)

スピーキング練習の画面で下記の操作をして、SafariにBrains e-Learningでマイクを使うことを許可する設定にしてください。

① アドレスバーの左端の「AA」の部分をタップ
② メニューより「Webサイトの設定」をタップ

③ 「マイク」をタップ
④ 「許可」をタップ
⑤ 「完了」をタップ

Android (Chrome)

スピーキング練習を行うときに、上の図ような確認メッセージが表示されるたら「許可」をクリックしてください。
誤って「ブロック」してしまった、または確認メッセージが出ない場合、下記の手順で設定を変更する必要があります。

ブロック設定解除方法

① アドレスバーの左端の「カギ」マークのアイコンをタップ

② 「サイトの設定」をタップ

③ 「マイクへのアクセス」をタップ

④ 「許可」をタップ

Windows (Chrome、Edge)

スピーキング練習を行うときに、上の図ような確認メッセージが表示されるたら「許可」をクリックしてください。
誤って「ブロック」してしまった、または確認メッセージが出ない場合、下記の手順で設定を変更する必要があります。

ブロック設定解除方法

① アドレスバーの左の「カギ」マークのアイコンをクリック
② 表示されるメニューの、マイクのプルダウンから「許可」を選択