生徒学力別教材の選択

伸長度測定テスト活用・生徒学力別の教材を選択する 

〈学年・クラス単位で実施〉  テスト終了後に教材変更が可能!

Brains e-Learningは、アウトプット・トレーニングシステムとして、生徒個々の学力に応じた教材レベルで活用できます!

過去の英検テスト合格者、Web伸長度測定テスト、英検学力測定テスト等において生徒の学力レベルにあった教材に変更します
導入月以内に先生からの変更依頼にリモート操作で自動的に行います。
*生徒個々のIDパスワードの変更はありません。

事例1「初級英語・基礎」&「初級英語・入門」

  1. 生徒は全員「初級英語・基礎」(英検3級範囲)で導入
  2. 「基礎Webテスト」をスマートフォン、パソコン等で実施(学校、自宅)
    *試験内容:50問4択形式、制限時間20分、即時採点/100点満点
  3. テスト結果40点以下の生徒は、「初級英語・入門」(英検4級~5級範囲)に変更
  4. 管理者(先生)は、2教材の学習管理が可能です。

事例2「初級英語・基礎」&「中級英語・前編」

  1. 英検3級、準2級合格者又は、Webテストで80点以上は、「中級英語・前編」(英検準2級範囲)へ変更
  2. 英検準1級レベルの教材まで対応しています。
  3. 生徒の可能性を最大限に伸ばすことができます。

 


難関・英単熟語(英検準1級範囲)を修了し試験結果の報告

M.Mさん(準1級)一次試験(合格)得点 1893点/2250点満点中、語彙は22問正解/25問中。これまで語彙で20問以上の正解はなかったのですが(過去最高は18問正解)、今回初めて20問以上正解できました。
いつもギリギリのところで不合格でしたが、今回は語彙の強化が合格に繋がりました
 
また、並行して、(準1級テスト対策)問題集をやりましたが、語彙問題が以前より解けるようになり、長文を読むのが楽になりました。
eラーニングは20問づつ区切ってあるので、短時間集中で取り組めるのがよかったです。  
また、2タッチからフルスペルまで反復している間に、語彙を覚えられました。
その後、二次試験(面接)にも合格し、無事に念願の準1級合格を果たすことができました。