学校法人の導入事例

北海道蘭越高等学校 様

導入事例

北海道蘭越高等学校 様

道立高校

導入学年 1年生 「初級英語・基礎」
教員 笹木 克己 先生 導入人数 17名

令和3年度は17名の新入学生を迎え、全校生徒34名となりました。小集団だからこそのきめ細かな指導で近年は、小樽商科大学、はこだて未来大学などの国公立大学や役場職員などの公務員を含め9年連続進路決定率100%を達成し、生徒のもつ可能性を引き出しながら、希望の実現に向け教育活動を行っています。

「導入の経緯」

以前使用していたICTに比べ、より使いやすい!

蘭越高校では、2014年度から「初級英語・基礎」をスタートしました。当時はスマートフォンなどまだ普及しておらず、パソコン教室で不定期に授業だけで活用していました。
生徒の学習反応が良く、担当の教員が代っても現在に至っています。

「活用状況」

年度内には全員が100%終了

今年度は、1週間に1回程度、授業で扱っています。
さらに、長期休業中や夏休みの課題としても扱っています。
既に学習進捗が平均50%を超えていますので最終的には全員100%で終了できそうです。

「活用している管理者機能」

生徒の学習進捗一覧を特に活用

長期休業中は特に生徒の進み具合を把握でき指導ができます。

「学習効果」

英検3級だけでなく英検準2級英検2級の合格実績!

笹木 克己 先生

eラーニングの学び直し(初級英語・基礎)によって、英語の知識習得と自信につながり、近年は英検3級だけでなく、英検準2級や英検2級合格の実績が出ています。

「今後の課題」

定期的に確認テスト等を行うことを検討しています。

「オリジナル教材作成・機能」を活用して、学習成果を定期的に確認していこうと思っています。

生徒の声

★★★ これからは自分の実力の上を目指して勉強しようと思いました!

  • eラーニングをやって、どういうことか分からなかった可算名詞と不可算名詞とかが少しできるようになってきたからやって良かったと思っている。あとは、どんな発音か分からない単語とかあったりした時に、声に出して読んでくれるからすごくやりやすかったし分かりやすかった。
  • eラーニングで間違った箇所があればその問題を2連続で正解しないと進めなかったり、答えの下に文章についての解説が分かりやすかったので、中学生の時より文法等が覚えやすくなりました。
  • 間違えた問題は何回も耳に入り頭で覚えられるので、書くことだけでなく、聞いて覚えることも大切だと思いました。
    それとeラーニングでキーボードのローマ字のボタンの位置が把握できたので、これで情報のタイピングが速く打てると思います。
  • 問題が解けるまで同じ問題が出てくるので復習が何度もできて分かるようになったところが多くなったと思う。
    家でもしっかりやっておけば良かったと後悔した。
  • 発音が聞けるので覚えやすかった。単語を間違えたとしても下に詳しく説明が出るので分かりやすい。
    テスト前など家で勉強しない人はこれで勉強できるのでいいと思う。
  • 並び替えの問題が難しかったです。間違える量が多かったり、分からない所がたくさんあったので終わるか不安でしたが、終わる少し手前まで進んだので良かったです。eラーニングを通して自分の実力が分かったので、これからは自分の実力の上を目指して勉強しようと思いました。
  • 今まで分からなかった表現が少し分かってきたような感じがした。
  • 前よりは、名詞や動詞の使い方が分かった気もするし、やるにつれて間違いも少しずつ減っていったと思うけど、1つ1つの単語の意味が分かっていないので、できないところも多かったと感じました。なので、単語の意味についてもう少し理解したほうがeラーニングをもっと進められたんじゃないかと思います。
タイトルとURLをコピーしました